【リップルの今後はやばい?】50万円分のリップル(XRP)を購入した理由

最近リップルが息を吹き返したかのような動きを見せたので、僕が50万円分購入した理由を解説します。

  • どうも、出川組の一員です。

【リップルの今後はやばい?】50万円分のリップル(XRP)を購入した理由

僕の仮想通貨との出会い

僕は仮想通貨についてこう考えています。

僕が仮想通貨をはじめて買ったのは、2018年の年始です。毎年恒例の友達と初詣の帰りに飲んだ時、10万円が1000万円になったと聞いて、これは出遅れたと感じたのがきっかけです。

2018年年始の当時、仮想通貨の口座に入金したいのに銀行からは入金ができず、仮想通貨市場は土日も関係なく365日24時間稼働し価格は上がり続けるなんともじれったい日々が続いていました。

そして当時はBitFlyerで口座開設を早々に済ませ、Cryptopiaという海外の取引所へ送金し、価格があがりそうな草コインをいろいろ買いあさってみました。

すると、軒並み高騰を続け僕はお試しで入金した30万円の資金が一気に100万円になりました。

70万円の利益

  • 仮想通貨やべえ

これはやばいと興奮して、さらに追加資金を100万入金して、当時注目だったPACコインという草コインをほぼ全額投入してみました。

その結果、PACコインを取り扱っていた取引所は世界中からアクセスが殺到し、購入不可の状態になりました。その購入不可の状態が1ヶ月ほど続き、日本ではコインチェック流出事件などが発生し、仮想通貨ブームは終焉を迎えました。

そして僕の仮想通貨は引き出せないまま価格は下がり続け、200万円ほどの資金はほぼ0円となりました。そして、つい最近価格をチェックしようと取引所を見たのですが、いつのまにか閉鎖していた・・・

この時、僕が仮想通貨で失ったお金は150万円ほどです。

150万円の損失

冷静になって振り返ってみると、あまりにも浅はかな投機をしていたことを反省しました。

仮想通貨の仕組み自体は技術的にもかなり面白いのですが、そんなことより欲に目が眩んで価格があがっている草コインを買いあさっていたのが敗因です。

そして、草コインとマイナーな取引所に手を出すことはやめようと誓いました。ただ、僕は仮想通貨で失ったお金は仮想通貨で取り返したい性格です。

そこから取引はしばらくしていなかったのですが、そのまま引退することはせず、以来チャートをずっと眺めていました。

僕がいま、仮想通貨で注目しているのはイーサリアム(ETH)とリップル(XRP)です。

ビットコイン(BTC)は実用性がないけど、仮想通貨の王道として存在しているだけなので無視です。

この内、現時点で実用性があるのがリップル(XRP)です。

なので、僕が買うのはリップル一択です。

リップルの将来

理由の一つとして、リップル(XRP)は厳密にはブロックチェーン技術ではないということです。なぜならこのXRPは、分散管理台帳システムを使っていないからです。

つまり、XRPはリップル社が管理しています。

従来の国際送金システムを刷新しようとしている、ひとつの企業なんです。

仮想通貨に投資というよりは、企業への投資です。

じゃあなんでこのタイミングで買ったの?と言われると、それはチャートを見て購入を決めました。

購入の決め手はリップル(XRP)のチャート

これはXRPの日足チャートです。

ダウ理論的に、しばらく続いていた下落トレンドが崩れたからです。

上がった要因はファンダです。

リップルの今後は?

2017年の年末から年始にかけての仮想通貨ブームは日本と韓国を中心に起きたブームでした、それから徐々に仮想通貨の整備も整い、世界中が仮想通貨を利用するようになるのであれば、それはあの頃の比じゃないすごいことが起きるんじゃないかということです。

なので、とりあえず50万円分のリップル(XRP)を購入してみました。

現在は購入価格よりやや下がっていますが、今後はファンダメンタルズ的には素晴らしい要素を含んでいるので、何年後まで、ガチホあるのみです。

「買っておけばよかった」というあの時の後悔をもう二度としたくないからね。

ちなみに僕が現在リップルを取引しているのは、DMM、BitFlyer、GMOの中で口座開設にかかる時間がもっとも早かったGMOコインです。

こんな動画もありました。