【お宝銘柄】仮想通貨 Jasmy(ジャスミー)の将来性と価格について

twitterを徘徊していたらJasmy Coinとなるお宝銘柄に出会いました。いやー徘徊してみるもんですね🤔 Jasmy Coinの将来性や投資に至った理由を書いています。

ブログの更新頻度が極端に悪くなっているので、ブログを復活させる意味でもジャスミーについてひと記事書いてみましょう。

久しぶりにお宝銘柄に出会えたようです。

※僕の場合のお宝銘柄は、執筆現時点において将来価格があがるかどうかの価格の将来性を意味しています。

なので、Jasmy(ジャスミー)は将来価格が大きく上がるだろうと見越したゆえの投資です。

ビットコインやイーサリアムは安定しているけど、仮想通貨で大きなリターンを得るには時価総額低めの優良銘柄がおすすめです🙌

Jasmy Coin(ジャスミーコイン)とは

ジャスミーコインは日本の企業が手掛ける仮想通貨プロジェクトです。

プロジェクトについては、個人情報保護に関わるトークンのようで、「個人のデータを安全な情報として分散管理する」ことが目的のようです。

個人情報を抜きたいならジャスミーコインと交換ね、みたいなトーケノミクスです。

時価総額については今現在でも10億円程度のようで個人的には進捗やマーケティング力に対してまだ少し高い印象です。

1月10日にシンガポールのMEXC取引所に初上場し、5月にはアメリカのBittrexに上場したジャスミーコイン。

ほかには Gete.io、Jubi、Hoo という海外取引所にも上場しています。

調べてみると過去に悪い噂もあったようで、

取引所で当時の価格50円で売れるやつを1枚6円で500万円分買わないか?みたいな話があったようです。どうやらこれは偽物のトークンだったようで、買っても取引所では売ることができず‥

ERC20ならではの話ですね。

Jasmy(ジャスミー)に投資した理由

Jasmy(ジャスミー)に投資した理由

① チャートがもう今にも吹きそう

② いろいろちゃんとしてる

① チャートがもう今にも吹きそう

  • ここから100倍あるかもしれない

現在価格は2円程度ですが、わずか半年前に最高直で400円の価格をつけています。

高値掴みされてる方には申し訳ないですが、200分の1になったわけですのでリバ狙いだけでもここから割と数倍は期待できますし、ATHとなったらもう…🤤

浮動枚数が少ないので、火がつけば一気に吹き上げることは想像しやすいと思います。

事実半年前のATHは日本上場の噂が流れたのが理由だったようです。

出来高も伴ってきてるし、今にも吹きそうって感じです。

② いろいろちゃんとしてる

調べたらいろいろちゃんとしてる企業でした。

ソフトウェアの販売もトランスコスモスなんていう超巨大ブラック企業に販売しているしすごい‥

日本発のプロジェクトでちゃんとしているけどプロジェクトがパッとしないのか、わりと海外のマーケティングができていないのか日本国内でもいまいち知名度ないですし、そりゃジャスミーも痺れ切らして売られるわって感じですよね。

記事もほんと少ないです。

まとめ|クリプトしか勝たん

ということで、最高値から200分の1という旨味しか残っていないジャスミーについての記事でした。

僕がジャスミーに投資しているのは、「最高値から200分の1の価格」ということと「底値圏を推移している」というテクニカル的な理由がメインです。プロジェクトに関してはジャスミーの「個人データ販売」VS「匿名」という仮想通貨内での構図も見えるので、正直伸び代がわかりません。

底値で拾っておきながら、ファンダメンタルズによっては長期投資も検討するスタイルになるとは思います。

価格の低迷はプロジェクトが止まっているという理由ではなく、認知度だったりマーケティングの問題にありそうだったので、売りが一掃したらあとは上がるのみですし、年内日本国内上場なんて決定したらもう…

今のところの価格の伸び代における一推しクリプトはUltra($UOS)ですが、ジャスミーは最高値から200分の1ということもあり国内上場次第で年内100倍あるんじゃないかという感じで期待しています。

さて、仮想通貨界隈も長かった調整も終えてそろそろまた上昇トレンド復活の兆しが見えてきたように思います。

BTC1000万円、ETH100万円を目指して2021年最後の花火も頑張ってもらいたいですね。

Ultra($UOS)のほかに、Cudos($CUDOS)なんかも投資しているので気になる方は調査してみてください🙌