【随時更新】アルケミーシステムのバージョンアップ情報について

アルケミーシステムのメジャーアップデート、マイナーアップデート、不具合修正などについてはこちらに詳細を記載していきます。

旧バージョンをご利用していた場合、システムを申請サイトよりもう一度ダウンロードすることで、認証キーはそのままでご利用いただけます。

バージョンの確認方法は、EA設置時のバージョン情報タブでシステム名のあとに「X.X」とバージョンが記載されています。

【随時更新】アルケミーシステムのバージョンアップ情報について

アルケミーシステム Version 1.0

本システムリリース時のものです。

アルケミーシステム Version 2.0

2021年3月18日修正

パラメタ変更時にナンピンが止まる不具合を解消

ポジション保有中のMT4再起動やパラメタ変更時などにナンピンが止まる不具合が発覚したため、ナンピン判別方法を変更し不具合を解消しました。

証拠金維持率の保存処理を変更

学習ロジックにおける指定証拠金維持率の指定閾値を下回った後、ポジション保有中のMT4再起動やパラメタ変更時などに証拠金維持率の指定レベルの保存値(変数の値)が消えてしまう不具合が発覚したため、証拠金維持率の指定レベルの記憶処理を外部ファイルに保存することで不具合を解消しました。

修正に関する詳細

本EAは、リスク軽減の観点から、リアルタイムの証拠金維持率ではなく、一連のエントリー(新規注文→ナンピン→決済までのエントリー)中に一度でも指定証拠金を下回った場合に決済幅を縮小できる処理(学習ロジック)を実装しています。

この学習ロジックは、全部で4段階設定可能で、この記憶処理をEA内部から外部ファイルに移行することで、MT4の再起動時などでも記憶した値が削除されないように対応しました。

証拠金レベルのファイルの保存場所はMT4アプリ上の、ファイルデータフォルダを開くMQL4FilesAlchemySystem({$ExpertName}) → MarginLevelOfMagicNumber{$InputMagicNumber}.csv です。

ファイルは「MarginLevelOfMagicNumber{$InputMagicNumber}.csv」という命名規則で保存(または読み取り)する処理になっているため、両建て稼働する時は、オンリーロングとオンリーショートでそれぞれマジックナンバーを異なる値にすることで問題なく稼働することができます。

上記ファイルの新規作成・更新処理のタイミングは、EA設置時、新規エントリー時、ナンピン時です。このタイミングでファイルが開かれていた場合は証拠金レベルが読み取れず不具合が起きるので、稼働中やポジション保有中はこちらのファイルを開いたりしないようにしてください。

  • 普通にEAを使っているだけであれば問題ないので、特に気にせず大丈夫です。

総ロット設定を項目に追加

1口座における総ロット数を指定できます。総ロット「3」などに設定することで、よりリスク軽減が可能になりました。

HotForexのマイクロ口座は1口座7ロット制限があるため、デフォルト設定は7ロットにしています。

バックテストにおいても、総ロット設定を7ロット以下に制限してご利用ください。

アルケミーシステム Version 3.0

2021年10月1日修正

新規エントリー時間帯設定を項目に追加

ナンピンツールでは基本的にエントリーの ON/OFF 手動切り替えが必要になりますが、この機能を追加したことによりユーザー様の負担を軽減することが可能になりました。

設定項目としては、「サーバー時刻と現地時間の時差」と、曜日ごとに「●曜日終日停止」と「●時台新規エントリー」の設定項目が追加されました。

「●曜日終日停止」項目は「true」にすることで新規エントリーしなくなります。「●時台新規エントリー」項目は「false」にすることで新規エントリーしなくなります。

  • デフォルト設定では全曜日全時間帯エントリーすることになっているので、新規エントリーさせたくない箇所を適宜変更してください。

各時間帯のエントリー設定のよりも●曜日終日停止のほうが優先されますので、例えば「木曜日18時台新規エントリー」項目がtrueになっていても、木曜日終日停止がtrueになっている場合は新規エントリーしません。

使い方のイメージとして、『金曜日の夜と月曜日の朝はよく相場が荒れるからエントリーをさせたくないなあ🤔』とか、『この日は重要指標が多いから終日停止させておこう🤔』なんて時に、月曜日と金曜日の各時間帯を「false」に設定することで、該当の曜日時間帯は新規エントリーしなくなります。

「サーバー時刻と現地時間の時差」が視覚的にわかるように、チャート上左下に設定された時間を表示させるようにしました。

上記画像では、金曜日(Friday)の16:29と表示されています。これがユーザー様の現地時刻と一致していればおっけーです。合わない場合は時間をずらすなどして、チャート上の時刻を現地時間に合わせてください。

MT4のサーバー時刻はチャートが動いている時間帯でないと取得できないため、土日などに設定しても表示時間が反映されません。時差設定が不安な場合でチャート上の時刻が正しいか動画確認したい場合は、チャートが動いている時間帯に設定し、チャート上の時刻が現地時間と合っているかお確かめください。

HotForexのMT4サーバー時間は、サマータイム中はGMT+2 または GMT+3 に固定されています。
サーバー時間は、3月の最終日曜日に始まり10月の最終日曜日に終わる夏時間(DST)の対象となることに注意してください。

例:シンガポールはサマータイムなしでGMT+8なので、MT4サーバーがサマータイム中は「6」を、サマータイム以外は「5」を入力します。

  • あくまでも新規エントリーの時間帯設定なので、該当時間帯が「false」になっていても決済は問題なく行われます。