【Eckhardt】勝率90%?自動売買ツールの7月稼働実績

【Eckhardt】勝率90%?自動売買ツールの7月稼働実績

先日リリースし勝率90%の無料自動売買ツールですが、7月がそろそろ終わるタイミングで稼働実績を公開したいと思います。勝率90%は実現できたのか?

  • どうも、フリーランスエンジニアの notty です

さて、先日公開した自動売買ツールですが、7月後半から本日25日までの結果はこのような結果になりました。

エックハルト7月後半の稼働結果

2勝2敗で勝率は50%でした。

全然よくないですね・・・7月最初は連勝してかなりよかったのですが、後半はよくない結果となりました。

原因は?

負けが散見される原因としては、このエントリーロジックに起因します。

エントリーロジックとしては、長期のトレンドフォロー、短期の逆張りロジックを搭載しておりまして、つまりは長期トレンドの押し目、戻りを狙ってエントリーするロジックです。

これはトレンドが続きやすいGBPUSDの通貨ペアの特徴を活かしたロジックです。

しかしながら、7月後半は長期でずっとレンジが続いている状態で、上がったり下がったりを繰り返してまるでUSDJPYのような動きをしています。

チャートを見てみましょう。

これは期間400,600,800の3本の移動平均線を表示していますが、このようにトレンド転換したかと思えばまたトレンド転換といった感じで方向感が決まっていない状態です。

うーん、GBPUSDの通貨ペアでは少し珍しい形になっています。

ちなみにエントリー頻度が少ないのは、トレンド転換後はしばらく様子見をしてエントリーを控えるというロジックを搭載しているためです。

今後は稼働すべき?

いったん長期でトレンドが決まればまた勝ちを積み上げてくれるのだと思いますが、しばらくこのような感じでは稼働をオフにしておいた方が安全かもしれません。

ご利用の方にはリリースタイミングがかなり悪くなってしまいましたが、様子見しながら稼働させていただければと思います。

その後

ドローダウンも回復して順調に勝ちを積み上げてくれています。

高頻度スキャルピングEAを開発中

フライング報告という形になりますが、現在スキャルピング式の自動売買ツールも素晴らしいエンジニアの方と共同開発しています。

なんとこちらは多通貨ペア対応で、この自動売買ツール1つでポートフォリオ形成が可能となる優れものです。

現在フォワードテスト期間中ですが、もう少し期間をしっかりとってみなさんに報告したいと思います。

【XMおすすめEA】多通貨対応スキャルピング式自動売買ツールを限定解禁

一緒に読まれている記事はこちらNEW ENTRIES

新着の記事一覧はこちらNEW ENTRIES

さらに表示する