ruby on rails ローカル開発環境構築編

rails ローカル環境の構築をしたので、手順を最初からメモ。

・ Mac OS 10.11.1

環境構築手順

Homebrewをインストール

公式サイト:https://brew.sh/


$ cd
$ pwd
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

インストールできたか確認。


$ brew -v
Homebrew 1.4.0

最新じゃない場合は

$ brew update

Mac OS が 10.11.1 以上の場合は権限を変更


$ sudo chown -R $(whoami):admin /usr/local/bin

rbenv と ruby-buildのインストール

rbenv(アールベンブ), ruby-build(ルビー・ビルド)をインストール

$ brew install rbenv ruby-build
ruby-build
Rubyの様々なバージョンをインストールすることができる。
rbenv
rubyのバージョンを切り替えることできる。

rbenvのパスを通す

どのディレクトリからもrbenvを使用できるように


$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

.bash_profileの読み込み

書き込んだ設定を有効に


$ source ~/.bash_profile

readlineのインストール


# ターミナルのirb上で日本語入力を可能にする設定
$ brew install readline

readlineのパスを通す


$ brew link readline --force

Rubyのインストール


$ RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=$(brew --prefix readline)"
$ rbenv install
# バージョンを指定する場合はこちら
# rbenv install 2.3.1

 


rbenv rehash

Rubyのバージョンを決める

rbenv global コマンドでは、PC単位で使用するRubyのバージョンを決めることができる。


$ rbenv global 2.3.1

Rubyのバージョン確認


$ ruby -v
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-darwin15]

MySQL5.6をインストール

MySQL5.6をインストールしたいのでmysql56を使用。


$ brew install mysql56

bundler のインストール


gem install bundler
gem
Rubyを便利に扱うためのアプリケーションの総称
bundler
gemのバージョン管理をしてくれるgem

Ruby on Railsのインストール


$ gem install rails --version='4.2.6'

# gemコマンドを有効に
$ rbenv rehash

# railsのバージョンを確認
$ rails -v

mysqlの起動時にエラーが発生

mysqlを起動させようとしたところエラーが発生

ERROR! The server quit without updating PID file (/usr/local/var/mysql/端末名.local.pid).

やってみたこと

・権限の変更
・mysqlをディレクトリごと削除
・mysqlのアンインストール
・Homebrewのアンインストール
・Homebrewの再インストール
・mysqlの再インストール

・https://qiita.com/yuki0208/items/1d5554d98e9ec76084bd
・ほか多数

1日つぶれたので続きは今度。

これで解決しました。

結局、laravel 触ってみたときのプロセスが影響していたっぽい。

以上。