【ブロガー必見】どこよりも美しい Embed HTML を作りました

ブロガーのために、外部ページを美しくシェアするためのブログパーツ(埋め込みHTML)が作成できるオンラインツールを開発しました。

ブログを書いてて、困ったことありませんか?


  • 外部ページを綺麗に埋め込みたいよー!


ニュースサイトの記事をブログ内でシェアしたい!とか、この個人ブログの記事をブログでシェアしたいなー!とか、そういった場合に美しくシェアすることができる埋め込みHTMLコード作成オンラインツールを開発しました。

どこよりも美しく洗練された Embed HTML オンラインツールを目指して作りました。

【ブロガー必見】どこよりも美しい Embed HTML を作りました

どこよりも美しい Embed HTML

どこよりも美しい Embed HTML

Embed HTML:https://woinc.jp/tool/embed-html/

Embed HTML を作った理由

Instagram とか Twitter とかは独自の埋め込みコードが発行できるけど、汎用的に使える埋め込みコードオンラインツールってど特に見当たらなかったから作りました。

自分で使いたかったから

冒頭に書いたように、ちょっといいなと思った記事をブログでシェアしたと思った時に、テキストリンクだけでは味気なくシェアする気にもなれないし、単純に僕が使いたかっただけです。

せっかくなので、みんなも使ってくれたら嬉しいです。

僕のブログをきっかけにアフィリエイトをはじめる方も多いので、どんどん活用してください。

Embed HTML を使う前準備

それでは、使い方を説明します。

シェアしたいリンクを用意して埋め込むだけ!というほど簡単なものではなく、事前準備が必要です。

CSSスタイルを適用

HTMLを美しく整形するためのCSSスタイルを、あなたのブログのCSSファイルに追加で記述してください。

ワードドプレスでいうと、テーマの編集から style.css などにコードを追加する必要があります。

ペースト用にミニファイされたCSSは、オンラインツールのURL入力の下にあるテキストをクリックすると、自動でクリップボードにコピーされます。

CSS

CSSがわかる方のために、ミニファイされていると編集しづらいのでこちらにもCSSを残しておきます。

独自カスタマイズする場合は、ご自由に編集してください。



/* シェアHTML */

.embed-html-box {
    box-sizing: border-box;
    display: block;
    width: 100%;
    font-family: 'Hiragino Kaku Gothic Pro','ヒラギノ角ゴ Pro W3','メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック',sans-serif;
    background-color: #ffffff;
}

/* wordpress pタグ挿入の仕様無効化 */
.embed-html-box > p {
    display: table-cell!important;
}

.embed-html-box p {
    margin: 0;
    padding: 0;
}

.embed-html-box a {
    position: relative;
    width: 100%;
    display: table;
    vertical-align: middle;
    padding: 20px;
    border: 1px solid #ddd;
}

.embed-html-box a:after {
    content: '';
    clear: both;
}

.embed-html-box_image {
    width: 150px;
    display: table-cell;
}

.embed-html-box_image img {
    width: 100%;
    -webkit-background-size: cover;
    -o-background-size: cover;
    background-size: cover;
    background-position: center center;
}

.embed-html-box_meta {
    display: table-cell;
    vertical-align: top;
    padding: 0 0 0 20px;
    line-height: 1.25;
}

.embed-html-box_meta.no-image {
    padding: 0;
}

.embed-html-box_title q {
    color: #363636;
    font-size: 16px;
    font-weight: bold;
    line-height: 1.6;
    letter-spacing: 0;
    text-shadow: none;
    z-index: 15;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
    display: -webkit-box;
    -webkit-box-orient: vertical;
    -webkit-line-clamp: 3;
}

.embed-html-box_description q {
    margin-top: 8px;
    color: #363636;
    font-size: 12px;
    line-height: 1.5;
    letter-spacing: 0;
    text-shadow: none;
    z-index: 15;
    overflow: hidden;
    text-overflow: ellipsis;
    display: -webkit-box;
    -webkit-box-orient: vertical;
    -webkit-line-clamp: 3;
}

.embed-html-box_title q:before,
.embed-html-box_title q:after,
.embed-html-box_description q:before,
.embed-html-box_description q:after {
    display: none;
}

@media screen and (max-width: 480px) {
    .embed-html-box a {
        padding: 10px;
    }
    .embed-html-box_image {
        width: 80px;
    }
    .embed-html-box_meta {
        padding: 0 0 0 10px;
    }
    .embed-html-box_title q {
        font-size: 14px;
    }
    .embed-html-box_description q {
        margin-top: 4px;
    }
}

Embed HTML の使い方

スタイルの適用が完了さえすれば、操作は簡単です。

シェアしたいページのURLをコピーして、フォームにペーストしてHTML生成ボタンを押下するだけです。

情報の取得処理に成功すると、埋め込みコードが生成され画面の下に編集領域が出現します。

美しい HTML が生成できました! HTMLをコピーして貼り付けよう──。 どこよりも美しい Embed HTML|Web便利ツール ブログに埋め込みたいページのURLを入力してボタンを押すだけで、ブログ記事内で外部ページを美しくシェアするためのブログパーツが作成できます。   埋め込みコードをコピー!

情報の取得は、WEB実装で標準機能のOGPを取得しているので、ある程度ちゃんと実装されているページなら処理に成功します。
※例外として、FacebookやTwitterなどのSPA技術を用いられて作られているサイトは取得できなかったです。

タイトル、ディスクリプションなどは編集でき、リアルタイムで変更内容が確認できます。また、URLも編集できるので、アフィリエイトリンクに変更することも可能です。記事のサムネイルが取得できた場合は、オプションでサムネイルなしにすることもできます。

埋め込みコード作成例は以下の通りです。

NewsPicks埋め込みコード作成例

日本経済新聞埋め込みコード作成例

Apple埋め込みコード作成例

姉妹ツールも作りました。

せっかくスクリプトを書いたのでアフィリエイターがもっとアフィリエイト活動しやすいようにリンクメーカーも作りました。

どこよりも美しいリンクメーカー

どこよりも美しいリンクメーカー width=

リンクメーカー:https://woinc.jp/tool/link-maker/

こちらは Embed HTML のアフィリエイト特化型のようなイメージです。

Embed HTML と大きく違う点は、リンク先に画像を強制的に付与することができます。これで、入力したURLに仮に画像がなかった場合でも、あらかじめ別途用意していた画像のURLを入力することで画像を付与することができます。また、nofollow属性も必要に応じて変更可能です。

仕組みは大きく変わりません。前準備として上記CSSを適用してください。

Embed HTML の仕組み

ブラウザが独自apiにリクエストを投げて、apiが入力ページをスクレイピングして必要な情報を取得します。

apiはPHPで作成しました。

スクレイピングには、ライブラリを使用せずゴリゴリの正規表現で取得しています。

取得対象は基本的にOGPの設定値です。

こんな感じで head 内にある メタタグをパースして必要な値を取得しています。



    preg_match_all('/\s*meta\s*property="?([^>"]*)"?\s*content="?([^>"]*)"?\s*\/?>/si', $head, $match);
    if (isset($match) && is_array($match)) {
        foreach ($match[0] as $key => $value){
            $tag = $match[1][$key];
            $meta[$tag] = $match[2][$key];
        }
    }

    $data['title'] = $meta['og:title'];
    $data['description'] = $meta['og:description'];
    $data['image'] = $meta['og:image'];

ただ、OGPを設定していないわりかし古いサイトもあるので、そういった場合の保険として、タイトルをtitleタグ、ディスクリプションをdescriptionのname属性を持つmetaタグから取得しています。

以上、せっかくなのでブクマ登録してもらってブロガーのみなさまに使ってもらえたら嬉しいです。