キュービテックの Time to pay はなに?アカウントが削除される?期限切れユーザーで試してみた!

Time to pay とは?未入金だとアカウントが削除されるのか?期限切れユーザーさんに検証してもらったので結果報告です。

ログイン画面の上部に表示される Time to pay は一体何なのでしょうか?

当グループ内でもたびたび話題になっていた「Time to pay」ですが、今回期限切れユーザーさんに試してもらったのでその結果報告です。

キュービテックの Time to pay はなに?アカウントが削除される?期限切れユーザーで試してみた!

Time to pay とは?

ログイン画面上部に表示されるユーザーに紐づく Time to pay ですが、アカウントを登録すると、Time to pay: 15d ●●h ●●m ●●s と表示されており、なにかしらの期限が表示されているようです。

僕がキュービテックを始めた頃、この「Time to pay」についてチャットサポートに問い合わせてみました。

そしてその時得られた回答は「この期間内に投資パッケージ(最小100ドル)を購入しないとバイナリーボーナスが消失するよ」という回答でした。また、「期限が切れるアカウントは削除されるのか?」と質問すると、「アカウントは削除されない」と回答を得ました。

当時僕はまだアフィリエイトを始めていなかったので、なるほど投資していないとバイナリーボーナスがもらえなくなるんだな〜」と思っていました。

確かにバイナリーボーナスの仕組みはバイナリブランチのボリューム(バイナリーポイント)に応じて支払われますが、その報酬割合は投資パッケージの金額によって変わるので、仕組みとしては納得です。

Time to pay の期限切れユーザーで試してみた!

メンバーに Time to pay の期限が切れたユーザーさんがいたので、調査に協力してもらいました。

この方はブログ公開当初に登録をいただいていましたが、先行者益を獲得すべくいち早く登録されていました。が、実際にまだ紹介活動はしておらず、投資パッケージも購入していない状態です。

こちらのユーザーさんに以下のことを調査してもらいました。

Time to pay の期限が切れるとアカウントが削除されるのか?

まずはログインを試してもらいました。

さきほどの画像と同じですが、ログインはできたのでまずアカウントの削除の心配はないと思われます。

「Time to pay: 00d 00h 00m 00s」と表示されているので、期限はすでに切れており、リスタートもしていないみたいです。

よくよく考えてみると、キュービテックは「投資パッケージ」のほかに、「API取引」も提供しており、これに関しては投資パッケージを購入する必要がないので、さすがに期限切れでアカウント削除になるのはありえないですよね。

Time to pay の期限が切れるとバイナリーポイントが消失

ログインしてみてわかったのですが、それまで獲得していたバイナリーポイントが消失されていました。

Right Leg にすでに10000ポイントほどが貯まっており、本来ならこれもバイナリーポイントとして計上されるはずですが、バイナリーポイントが0になっています。

ネットワーク組織をみてみると、ネットワークは生きており先行者ポジションは確保できていますね。

ただ、スピルオーバーが発生している右側のバイナリーポイントは0になっていますね、

期限が切れるとバイナリーポイントが消失するというのは、どうやら本当のようです。

Time to pay の期限切れユーザーでパッケージ購入してみた!

では、この期限切れのユーザーさんが投資パッケージを購入すると、どうなるのでしょうか?

投資パッケージは最小額の100ドル(ブロンズ)を購入してみました。

パッケージ購入でバイナリーポイントが復活

BTCを送金してしばらく経って見てみると、なんとパッケージの有効化と同時にバイナリーポイントが復活していました。

まとめ|なんのための期限?

以上の検証から、チャットで問い合わせたように期限が切れるとバイナリーポイントが消失されるということは本当でした。

ただ、チャットではその時言われなかったのですが、投資パッケージを購入するとバイナリーポイントが復活することが判明しました。

なぜ一度バイナリーポイントを消失させる仕様にしたのだろうかと考えましたが、考えられることとしてユーザーに投資を促すグロースハックの一種なのかな?と思いました。

飛行機のマイルやポイントなんかは期限がすぎると永久に消滅してしまいますが、復活したのは好意的ですよね。

2020年の8月21日時点では検証のようにバイナリーポイントが復活しましたが、今後も必ず復活するとはわかりませんので、最低でも100ドルくらいの投資でアカウントをアクティブにしておくと安心かもしれません。

とりあえず、アカウントが削除されるということはありませんでしたので結果報告でした。