キュービテックでAPI取引!設定方法と量子技術がもたらす自動売買ツールの威力は?

キュービテックは現在2つの金融商品を提供しており、投資パッケージのほかにAPI取引というものが存在します。量子技術を用いて作られたアルゴリズム取引がいかなるものか試してみました。

キュービテックでAPI取引!設定方法と量子技術がもたらす自動売買ツールの威力は?

API取引が証明するもの

API取引はバイナンスまたはBitfinexの取引所とAPI連携をし、その取引所内でトレードを行うので管理画面にログインすることで取引の詳細を確認できます。(キュービテック管理画面でも確認可能です。)

ここでのAPI連携の仕組みについて少し言うと、キュービテックが市場を監視し、エントリータイミングになったらキュービテックがバイナンスにトレードの発注をします。受け取った注文をバイナンス上で取引します。

また、キュービテックのプラットフォームに資金を入金して運用する必要がなく、資金も取引利益もバイナンス上にあるままです。このような仕組みですので、詐欺だとかそういう心配は完全に払拭されます。投資パッケージが不安と言うのであれば、こちらのAPI取引だけでも試してみるのをおすすめします。

当然ですが、APIの仕組み上取引の手数料も取れません。支払うのは販売価格の390ドルか、1000ドル投資した場合は無料で利用できます。

  • これでもAPI取引を詐欺だと言う人は、もう少しテクノロジーについて勉強した方がいいです。

量子技術による革命

僕がキュービテックに注目した理由は、量子技術という点です。

量子技術が金融にもたらす影響についてはこちらをご確認ください。

未来の技術であった量子コンピューティングは、キュービテック(Toridion社)も提供しているようにもはや未来ではありません。それについては、こちらをご覧ください。

キュービテックのAPI取引商品について

キュービテックでは2種類のアルゴリズムを販売しています。

Flat Robot BTC/USDT, ETH/USDT, ETH/BTC Tutorial Trend Robot BTC/USDT, ETH/USDT, ETH/BTC Tutorial

価格はどちらも390ドルですが、もうひとつの金融商品である1000ドル以上の取引パッケージを契約しているとひとつが無料で使えます。

ちなみに1000ドルの取引パッケージを契約して僕が提供されたのは、FiatRobotというものです。

Flat Robot BTC/USDT, ETH/USDT, ETH/BTC

システムごとに過去の取引が開示されており、過去の取引データをみてみると、トレード回数27回で勝ち取引27回となっており、利益は6.21%となっているので驚異です。

これは直近1ヶ月のETH/USDTで4時間足の取引データです。

Settings  /  EXCHANGE PLATFORM BINANCE TIME-FRAME 4 HOURS CRYPTO-PAIR ETH/USDT TRADE SIZE 42000 USDT BALANCE 420000 USDT Statistics 09.07.20-09.08.20 27 100% Trades: 27 70453.75 USDT TOTAL PROFIT 27 (100%) PROFIT TRADES +6.21% AVERAGE PROFIT +70453.75 USDT PROFIT 0 (0%) LOSS TRADES 0% AVERAGE LOSS 0 USDT LOSS

直近1ヶ月(2020年7月9日から8月9日まで)の1ヶ月を見ると、負けトレードはありませんでしたがこれはめったにないと思います。

すべてのストラテジーの統計データも開示されていますが、損失よりも利益は多く実績を出していものであることがわかります。

160 100% 209,903 USDT Total Result Trades: 160 132 (83)% Profitable Trades +5,95% Average Profit +330,091 USDT Total Profit 28 (18)% Negative Trades -2,17% Average Loss -120,188 USDT Total Loss

キュービテックのAPI取引やってみた

ということでさっそく、10万円分のBTCをGMOからバイナンスに送金し無料で手に入れたFiatRobotで取引を開始してみました!

  • この記事ではバイナンスでの設定方法を説明しますので、バイナンス口座を持っていない場合はこちらから開設してください。

※ バイナンスまたはBitfinexの口座に入金しているところまで進めておいてください。

取引できる通貨ペア

API取引(FiatRobot)で試すことができるのは、「BTC/ETH」「BTC/USDT」「ETH/USDT」の3通過ペアです。

「BTC/USDT」「ETH/USDT」のどちらかを選ぶ場合は、バイナンスのウォレットに「USDT」が必要になります。

僕の場合はBTCを保有していたので、「BTC/ETH」を選択しました!

ここで選ぶべき通貨ペアのコツを教えておきます。

選ぶべき通貨ペアのコツ

仮想通貨の地合いがいい場合は確実に「BTC/ETH」がおすすめです。

理由は簡単で、仮想通貨の地合いがいい場合は対法定通貨に対してBTCもETHも値をあげている状態なので、仮にトレードで負けていても、法定通貨に戻した場合はお金が増えている可能性がありえるからです。

反対に、地合いが悪い場合は「BTC/USDT」「ETH/USDT」をおすすめします。

理由はほぼ同じですが、USDT建てなのでBTCが値下がりしていても影響を抑えながら取引ができます。

キュービテックのAPI取引の設定方法

バイナンス管理画面でAPIキーの作成

バイナンス管理画面のメニューで「API Management」を選択します。

作成するAPIキーのラベルを入力します。今回はQubittechのAPIなので、「Qubittech」としました。

Creating an API private key provides access to markets and real-time trading services on Binance via a third-party site or application. View API documentation  Give the API key a label

セキュリティコードを入力して、APIを作成します。

メールに移動し、レターのリンクをクリックして接続APIの作成を承認します。

APIキーとAPIシークレットキーをコピーし、キュービテックの設定パネルで選択したロボットの接続API設定ウィンドウにデータを貼り付けます。

キュービテック管理画面でAPIの設定

メニューの「ロボット(Robot)」を押してロボット一覧画面にいくと、使えるロボットが表示されるので設定(Setting)を押して設定画面を開きます。

キュービテック管理画面でAPIの入力

ここでAPIキーを入力して「EDIT KEY」を押しても無反応だった場合、キュービテックのログインセッション切れの場合があるので、無反応の場合は画面をリロードするかログインをしてから再登録してください。

キュービテック管理画面でストラテジーの入力

続けて運用する設定をフォームに従って入力します。

まずストラテジーを選択します。

ストラテジーは「ローリスク」「ミディアムリスク」「ハイリスク」の3パターンありましたが、僕はいったん「ミディアムリスク」を選択しました。

通貨ペアは「BTC/ETH」です。

時間足は「1時間足」「4時間足」から選択可能です。

バランスには運用する金額を入力します。API連携しているので、バイナンスのウォレットにあるビットコイン残高が表示されいます。

実際に取引する金額は、運用する金額の7%です。これは、運用する金額を入力した時点で自動計算されて入力されます。

キュービテック管理画面でロボットを稼働!

それでは、スタートを押してロボットの稼働を開始します。

画面のように、「Stop」と表示されている場合は稼働中です。取引時などは特に通知されませんので、気長に待つのがいいでしょう。

4時間足の設定だと、エントリー回数は極めて低いと思われます。しかしながら、開示されていた実績からみるように、4時間足という特性を生かして勝率の高いトレードが繰り返されると思います。

キュービテックAPI取引の結果

API取引の結果はエントリー後にまた記載したいと思います。

追記:8月9日

バイナンスに追加入金したのでロット設定を変更しようとして稼働をストップしたら、ちょうど取引が開始された直後でした。(やってしまった)

APIは正常に動いており一部ETHになってましたが、一度ストップしたものが再開後にそのポジションを精算してくれるのかわからなかったため、すぐにBTCに換金(微益)してもういちど再開しました。

2020-08-10 01:51:27	ETH/BTC	Limit	 Sell 0.033528	0.033528	0.173	0.173	0.005801 BTC	_	 Filled 2020-08-09 19:35:08	ETH/BTC	Limit	 Buy 0.033512	0.033512	0.174	0.174	0.005832 BTC	_	 Filled

今回裁量で売却をしてしまったため、トレード結果は0%となっていました。

追記:8月13日

4時間足のせいか初回の取引以来全然動きがなくまだ実績はありませんが、随時トレード記録を追加していきます。

今はAPIトレードよりアルトコイン投資したほうが稼げそうな雰囲気だったので、いったんAPIトレードの検証を延期させてください。もしもどなたかAPI検証とかブログでしてくれてたら教えてください!