【初心者向け】キュービットライフへの入金のやり方&ライセンス購入手順と注意点

「キュービットライフのエデュケーションライセンス購入のやり方がわからない」「デジタルライセンスはなくなったの?」という方に向けて、2021年4月最新版としてエデュケーションライセンス購入手順を案内します。

昨年のドバイ公式オープン以来、ライセンス名やブランド名が変わったりと少しずつアップデートなどが繰り返されてきたので、改めてキュービットライフへの入金のやり方&ライセンス購入手順を書いておきます。

キュービットライフが提供するライセンスは現在「エディケーションライセンス」「キャッシュバックライセンス」「コーポレートライセンス」と3種類あります。

  • ちなみに「エディケーションライセンス」はもともと「デジタルライセンス」という名称でした。

それではキュービットライフへの入金のやり方&ライセンス購入手順を解説します。

【初心者向け】キュービットライフへの入金のやり方&ライセンス購入手順と注意点

キュービットライフの入金(購入)に関する前提知識

キュービットライフでエデュケーションライセンスを購入する方法は、大きく分けて2つあります。

キュービットライフでエデュケーションライセンスを購入する方法

1. アカウントウォレットに入金してからプラットフォームで購入する方法

2. ライセンスのアドレスに直接送金して購入する方法

今回は、1つ目の「アカウントウォレットに入金してからプラットフォームで購入する方法」を紹介します。

  • アカウントウォレットに入金しておくことで、コーポレートライセンスや株式の購入など、エデュケーションライセンスだけに限らずアカウントにある資金を自由に使うことができます。

仮想通貨取引所のアカウントを用意

キュービットライフの入出金は仮想通貨の「ビットコイン」または「イーサリアム」で行います。

取引所の用意が必要なので、取引所を用意しましょう。

国内の仮想通貨取引所アカウントのおすすめはGMOコインです。

通貨の購入に関してはわずかながら手数料がかかりますが、日本円出金手数料と仮想通貨送金手数料が無料です。bitbankなんかと比べると、ビットコイン送金手数料0.0005BTCや日本円出金手数料1000円など、わりと高めに設定されていたりするので、とりあえずGMOコインをおすすめします。

あと! bitFlyerは絶対におすすめしません。

bitFlyerは送金にbitFlyer側で承認作業が発生します。キュービットライフではアドレス作成から着金までに3時間のリミットがあり、bitFlyerの承認作業により、3時間のリミットを大幅に超えてしまう場合があります。その場合は最悪送金した仮想通貨を取り戻せなくなるのでやめましょう。

GMOコインは送金手数料が低く、送金処理も早いです。

まずはこちらでアカウントを作成しましょう。

一番おすすめな送金手順は、GMOコインなどの国内取引所 → バイナンス → キュービットライフですので、着金が心配な方は一度バイナンスを経由することをおすすめします。

  • バイナンスはメールアドレスとパスワードだけですぐにアカウントが開設でき、本人確認なしでも1日の出金制限は2BTCまでなので不自由なく使えます。

アカウントウォレットに入金する方法

それでは、GMOコインからキュービットライフのプラットフォームへビットコインを入金する方法を紹介します。

ビットコインの送金先アドレスを取得するために、まずはキュービットライフのプラットフォームにログインしましょう。

今回はアカウントウォレットへの入金なので、ログイン後のメニューから「Main Panel」に移動して、以下の入金を押します。

今回は、投資金額1,000USDTのシルバープランを購入するために、1,000ドルをウォレットに入金します。

  • シルバープランを購入すると、API取引のロボット($390)が無料でもらえる特典付きです。

送金する金額をドルベースで入力します。

1000ドルきっちり送金だと、レートが下がった場合にもう一度入金する必要が出てくるので、今回は1100ドルと入力してみました。

入力して入金をクリック。

画面にはレートから必要なビットコインやイーサリアムの量が記載されています。

今回はビットコインでの入金を選びます。

「3MmP***」紫背景で表示されたのがキュービテックへの送付用のアドレスです。これは個人でそれぞれ異なるので間違えないように注意しましょう!

赤文字で「お支払いまでの残り時間:2h59m」とあるように、3時間以内の着金が必要です。

このアドレスにGMOコインから必要な金額を送金します。

画像にも表示されているように、当時のレートで1100USDあたり0.017691BTCを送付すればよいそうです。

GMOコインから送付

GMOコインの管理画面で、送付用ウォレットの登録画面を開きます。

上記画面は、GMOコインにログインして、「入出金」→「暗号通貨」の順にクリックして、銘柄選択でビットコインを選択して宛先リストのタブに表示すると出てきます。

フォームに上から順に以下の内容を記載します。

ウォレット登録内容

① 名前(ニックネーム)

② ビットコインアドレス

① 名前は任意のものです。ここでは「QubitLife」などでいいと思います。
② ビットコインアドレスには、先ほどキュービテックの管理画面で紫色のラベルで表示されていたものを必ずコピペで入力しましょう。

GMOコインでは、ウォレット情報を入力した後に登録のメールアドレスにウォレット追加の確認メールが送信されます。確認メールを承認してウォレット登録を完了させましょう。

登録が完了したら、送付できるようになるのでビットコインを送金します。

送付1回あたりの最小数量は0.02 BTCです。 ※全額送付またはGMOコイン内の送付の場合は下限はありません。   ご登録の電話番号に送信された6桁の2段階認証コードを入力してください。

今回は0.017691BTCを送金したいところですが、「送付1回あたりの最小数量は0.02 BTCです。」とあるように、0.02 BTC以下のため、送金額を0.02 BTCにする必要があります。

キュービットライフの管理画面で示されたBTC量はあくまでも目安であるため、指定した量を超えていても、反対に少ない量を送金しても問題ありません。

着金時にいくら着金したかが管理画面上でわかります。

ビットコインはブロックチェーンの特性上、送付に少し時間がかかりますので少し待ちましょう。

僕の場合はGMOコインから送金して、2時間後くらいに確認してみたら無事に着金していました!

0.02BTCがUSDTに換金されて、1121.30USDTになりました。

エデュケーションライセンスを購入

それでは入金(着金)が完了したので、エデュケーションライセンスを購入します。

今回は、シルバープランを選択してから、今払うを押します。

  • この画面で「今払う」を押すとあっさり購入完了です。

ライセンスは例えばシルバーライセンスの場合は1000USDTとなっており、購入した時点で1000USDTが消費され、途中解約はできないような仕組みになっています。

  • 報酬の支払いは即時出金可能で、月利25%として約4ヶ月後に元本が回収できる仕組みです。

報酬履歴はまだありませんが、しばらく様子を見てみましょう。

契約が完了したのが、8月3日の夜10時頃でした。

報酬を確認

8月4日になって朝頃に確認してみても、まだ報酬履歴はありませんでした。

それからしばらくみていましたが、結局はじめての報酬が確認できたのが8月4日の深夜1時頃だったので、日付にすると8月5日になっていました。

管理画面をみると、8USDTが報酬として支払われていました。8月4日の日利は0.78%で、8USDTと記載されていますが、報酬履歴を確認すると、0.78USDTとなっていました。

Reward History  /  DATE	LICENSE	RESULT	REWARD 04 Aug ’20	WZZMZZW	0.78%	USDT 7.8

この報酬は即時に出金が可能になります。

24時間以内に報酬があるのかと思っていましたが、なかなか報酬が発生せずにいかんせん日本での情報がないため不安になりましたが、深夜頃に報酬が反映されていたのでよかったです。

とりあえず無事に報酬は確認されたので、次に送金処理を検証してみます。入金時に0.1BTC分送金した分の余りと、報酬で得た8USDTを合わせて送金したいと思います。

送金処理の検証記事は別で書いたので、詳しくはこちらをご覧ください。

【初心者向け】キュービテックの報酬を出金する方法と出金制限&手数料について