【近況】多通貨対応自動売買ツールバフェットの稼働状況

はたして本当に多通貨に対応しているのか?しばらく放置していたバフェットですが、現在の稼働状況をお知らせしたいと思います。

多通貨対応自動売買ツールのバフェットですが、0.01ロット6通貨のテスターリリースを8月15に日から運用開始して3ヶ月が経ったので、近況を報告したいと思います。

【近況】多通貨対応自動売買ツールバフェットの稼働状況

バフェットについて

詳細はこちら。

それでは、バフェットの稼働状況についてみてみましょう。

全通貨の運用状況と、各通貨ごとの運用状況を調べてみます。

まずは全通貨の運用状況から。

全通貨の運用状況

まずは全通貨合わせ運用状況ですが、このような感じでした。

運用開始が8月14日からなので、月ごとに期間を区切ってみました。

2019/8/14~31

2019/9/1~31

2019/10/1~31

全期間

全通貨の運用状況まとめ

期間 結果
2019/8/14~31 2746
2019/9/1~31 ▲ 7455
2019/10/1~31 1371
合計 ▲ 3338

9月の大きなドローダウンによる損失を回復していこうとしている状況です。

各通貨ごとの運用状況

それでは次に、各通貨ごとの運用状況について見てみましょう。

ちなみに、テスター運用している6通貨ぺアはこちらです。

・EUR/JPY

・EUR/USD

・EUR/GBP

・EUR/CHF

・USD/CAD

・USD/JPY

EUR/JPYの運用状況

EUR/USDの運用状況

EUR/GBPの運用状況

EUR/CHFの運用状況

USD/CADの運用状況

USD/JPYの運用状況

各通貨ごとの運用状況まとめ

通貨 結果
EUR/JPY ▲ 4013
EUR/USD ▲ 285
EUR/GBP 5194
EUR/CHF ▲ 1776
USD/CAD ▲ 574
USD/JPY ▲ 1884

EUR/GBPだけがプラス推移で、EUR/JPYの結果はかなり痛いですね。

まとめ|多通貨対応していない説

まだわずか3ヶ月のフォワードテストなので結論づけることはできませんが、多通貨対応自動売買ツールとして今の状況だと多通貨対応していない状況ですね。

今のところだと、EUR/GBPのみの運用か、EUR/JPYを除いた5通貨で運用した方がいいかもしれません。

このEAは、エックハルトのように通貨ペアを限定していないので、負ける癖を改修するのが難しいので現状で手を入れて改修することはありません。

各通貨がどうなるのかもうしばらくテスター運用を続けたいと思います。